パソコンやスマートフォンで取り扱うデジカメ画像、動画、音楽、ビジネス文書ファイルは、簡単にコピーやファイルの移動ができます。また大量のデータ保管も容易です。これは色や音、文字などをデジタル化したおかげです。複製を作るのが簡単なデジタルデータは消去するのも簡単です。なにしろクリックするだけで一瞬で消えてしまいますからね。「文書ファイルを保存するつもりが、操作ミスで保存しなかった」「メモリーカードのデータを整理していたら、消滅してしまった」。データをうっかり消してしまい慌ててしまった経験はパソコンユーザなら一度はあるのではないでしょうか。文書なら余計な手間と時間はかかりますが作り直せることもできますが、旅行などの思い出を切り取ったデジカメ写真は撮り直すのは不可能です。なんとしてでもデータ復旧したいものです。携帯のメモリーカードやUSBメモリー内のデータは一度消去してしまうと再び取り戻すことは無理です。なのでこれらの記録媒体を取り扱う時は慎重な操作が大事です。多くのパソコンで利用されている記録媒体であるHDD(ハードディスクドライブ)では、ファイル削除をしても実際には「削除扱い」にしているだけです。データを呼び出すことはできませんが、HDD上にはデータはまだ残っています。

そのためデータ復旧ソフトを利用すればデータを復旧できる可能性があります。データ復旧ソフトは有料のものだけではなく無料で使えるフリーソフトもあります。データ復旧ソフトを使うと、削除扱いになって保管されているデータを再び呼び出せるよう再設定されます。だからといって、データ復旧ソフトを使えばデータを取り戻せるのかというとそうではないので注意が必要です。HDD内にまだ残っている削除扱いのデータが上書きされてしまうと、元のデータ復旧は不可能になります。

なので間違ってデータを削除してしまった場合、常駐ソフトが勝手に上書きしてしまわないよう常駐を解除します。不用意に他のソフトやアプリを起動させないほうが良いです。ネットワーク経由でデータのやり取りをする可能性もあるので、LANケーブルを抜いたり、無線LANをオフにすることも忘れてはいけません。後は慌てず手順通りにデータ復元ソフトを使えば、削除したデータを復元できる可能性は高いです。イザというときに慌てないためにも普段からデータ復元ソフトのマニュアルに目を通すなどしておくと良いと思います。復元ソフトを使っても無理だった場合は、データ復旧サービスを行う専門業者に依頼するという方法があります。お金はかかりますが、データを復旧できる可能性は高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です